ビザを更新したい、転職したなど

引き続き日本にいたいのでビザの延長をする場合は在留期間更新許可申請をします


 

日本での在留資格は、永住者を除いてすべての資格に在留期間が決められています。

外国人の方が、現在与えられている在留資格(留学ビザや就労ビザ、配偶者ビザ)など、

許可された在留期間が切れそうなときは、ビザを延長するために在留期間更新許可申請をします。

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ab%e5%bc%95%e3%81%8d%e7%b6%9a%e3%81%8d%e5%b1%85%e3%81%9f%e3%81%84

 

在留期間更新許可の申請は、在留期限の3か月前から受け付けてもらえます。

 

在留期間更新許可申請をするときに気を付けなければならないことは、在留期間中に転職して会社や仕事が変わった場合です。

在留期間中に同じ職種で別の会社に転職した場合には、在留期間更新許可であっても在留資格変更の場合と同じような書類が必要になりますので、注意が必要です。

(この場合で在留期間が長く残っている場合には、就労資格証明書 を取得することをおすすめします。)

また、在留期間中に違う職種の仕事で別の会社に転職した場合には、基準適合性に合致しなくなり、不許可になる可能性もあります。

 

在留期間が近づいてどうしたらよいか分からない方や、途中で会社や仕事が変わって不安のある方、平日の昼間に入国管理局へ申請に行く時間が取れない方はぜひ、当事務所までお問い合わせ下さい。

 

無料相談受付中