配偶者ビザ必要書類

日本人の配偶者ビザ申請で必要な書類は、職業、資産、国籍によって個々人で異なります。下記に説明している必要書類は、入国管理局から提示されている必要書類リストより多いのですが、そもそも入国管理局から提示されている必要書類リストは、必要最低限のものであり、入国管理局も「必要最低限のものです」と宣言しています。したがって、個々人の状況に合わせてピックアップしていくのが望ましいと思います。


 

 認定(海外からの呼び寄せ) 変更(ビザの種類変更) 更新(ビザの期間延長)

● 共通書類
① 在留資格認定証明書交付申請
② 質問書
③ 申請理由書(理由書で在留資格該当性、基準適合性、相当性をしっかり説明することが許可のポイントになります)
④ 返信用封筒(392円の切手を貼付)


● 申請人(外国人)配偶者に関する書類
① 証明写真(縦4㎝×横3㎝)1枚
② 本国から発行された結婚証明書(翻訳文付)
③ パスポートの写し
④ 履歴書(学歴・職歴)
⑤ 最終学歴の卒業証明書または在学証明書
⑥ 日本語能力を証明する書類


● 日本人配偶者に関する書類
① 身元保証書
② 戸籍謄本(婚姻の記載があるもの)
③ 住民票(世帯全員の記載のあるもの)
④ 住民税の納税証明書(1年間の総所得および納税状況が記載されたもの)
⑤ 在職証明書
⑥ 給与明細書3ヶ月分ほどの写し
⑦ パスポートの写し


● 交際および結婚の事実を裏付ける書類
① スナップ写真10枚程度(結婚式、双方両親との食事会、旅行に行ったときに撮った夫婦で写っているものなど)
② 国際電話の通話記録
③ メール履歴


● 居住・生計に関する書類
① 自宅の写真(外観、玄関、台所、リビング、寝室)
② 自宅の不動産賃貸借契約書の写し(不動産を所有している場合は登記事項証明書)
③ 扶養者の預金通帳の写し


● ケースによって提出する書類
① 両親の嘆願書
② 友人の嘆願書
③ 在日親族の上申書
④ 上司の上申書


本国から発行された結婚証明書について
■ 中国の方
① 結婚公証書または結婚証のコピー
■ 韓国の方
① 婚姻関係証明書
■ その他の国の外国人の本国書類
 各国によって具体的な証明書はことなります。
① 結婚証明書(Certificate of Marriage)

● 共通書類
① 在留資格変更許可申請書
② 質問書
③ 申請理由書(理由書で在留資格該当性、基準適合性、相当性をしっかり説明することが許可のポイントになります)
④ 返信用ハガキ(宛先を明記)


● 申請人(外国人)配偶者に関する書類
① 証明写真(縦4㎝×横3㎝)1枚
② 本国から発行された結婚証明書(翻訳文付)
③ パスポートの原本(提示)
④ 在留カードの原本(提示)
⑤ 履歴書(学歴・職歴)
⑤ 最終学歴の卒業証明書または在学証明書
⑥ 日本語能力を証明する書類
⑦ その他の書類


<日本で就労している場合>
・住民税の納税証明書(1年間の総所得および納税状況が記載されたもの)
・源泉徴収票


● 日本人配偶者に関する書類
① 身元保証書
② 戸籍謄本(婚姻の記載があるもの)
③ 住民票(世帯全員の記載のあるもの)
④ 住民税の納税証明書(1年間の総所得および納税状況が記載されたもの)
⑤ 在職証明書
⑥ 給与明細書3ヶ月分ほどの写し
⑧ パスポートの写し


● 交際および結婚の事実を裏付ける書類
① スナップ写真10枚程度(結婚式、双方両親との食事会、旅行に行ったときに撮った夫婦で写っているものなど)
② 国際電話の通話記録
③ メール履歴


● 居住・生計に関する書類
① 自宅の写真(外観、玄関、台所、リビング、寝室)
② 自宅の不動産賃貸借契約書の写し(不動産を所有している場合は登記事項証明書)
③ 扶養者の預金通帳の写し

※配偶者が変わっている場合の必要書類は「変更」と同じ

● 共通書類
① 在留期間更新許可申請書
② 返信用ハガキ(宛先を明記)


● 申請人(外国人)配偶者に関する書類
① 証明写真(縦4㎝×横3㎝)1枚
② パスポートの原本(提示)
③ 在留カードの原本(提示)


● 日本人配偶者に関する書類
① 身元保証書
② 戸籍謄本(婚姻の記載があるもの)
③ 住民票(世帯全員の記載のあるもの)
④ 住民税の納税証明書(1年間の総所得および納税状況が記載されたもの)
⑤ 在職証明書
⑥ 給与明細書3ヶ月分ほどの写し

 
 
無料相談受付中