外国人配偶者の在留資格を更新する場合

「日本人の配偶者等」の在留資格は1年か3年は5年の在留期間が定められており、期限が近づけば更新をしなければなりません。

「日本人の配偶者等」の更新手続きは期限の
3ヶ月前からできますので、期限直前になって慌てないように余裕をもって更新手続きをしましょう。


「日本人の配偶者等」の在留資格の更新時に注意するポイントは

 ・夫婦が同居していること
 ・別居している場合は相応の理由書の提出が必要
 ・住民税などの税関係を完納していること
 ・夫婦のどちらか一方に定職があること
 ・定職がない場合は生計を維持できるだけの他の収入があること
 ・夫婦双方無職の場合は相応の理由書の提出が必要
 ・仕事があっても確定申告をしていない場合は、無職として扱われる
 ・国民年金、国民健康保険未納で差し押さえを受けていないこと

 
以上が「日本人の配偶者等」の在留資格の更新時のポイントです。上記以外に注意が必要なのは初回に配偶者ビザ申請をした時の状況と更新時の状況が変わっている場合です。初回申請時と全く変わっていなければ問題ありませんが、少しでも状況が変わっている場合はそれなりの説明が必要になりますので、更新だからといって申請手続きを簡単に考えないほうがよろしいかと思います。

当事務所では「日本人の配偶者等」の在留資格の更新手続きもサポートしておりますので更新が近くなりましたらご連絡いただければしっかりとサポートいたします。

 
無料相談受付中