海外から外国人配偶者を呼び寄せる場合


海外から外国人配偶者を呼び寄せる場合は、入国管理局に「在留資格認定証明書」を申請します。入国管理局での審査期間はおおむね1ヶ月から3ヶ月ほどかかりかす。無事に許可されますと「在留資格認定証明書」がもらえますので、これを海外にいる配偶者に送ります。
この在留資格認定証明書を外国人配偶者が現地の日本大使館等へ行き、ビザの発給をうけます。
在留資格認定証明書の有効期限は、発行後90日間ですので、この期間内に日本に入国する必要がありますので注意が必要です。
 

短期滞在から日本人の配偶者等への変更

通常、海外から外国人配偶者を呼び寄せる場合は上記のような「在留資格認定証明書交付申請」で日本に呼びよせる手続きになりますが、申請してから許可されるまで1ヶ月から3ヶ月ほどかかるため、その間は離れ離れになります。
例えば、韓国や台湾、欧米のような査証免除国の場合はノービザで日本に来るか、中国など査証免除国でない場合は短期滞在ビザを取って日本に来る場合もあります。


ここで、入管手続きの原則としては、「短期滞在ビザ」から「日本人の配偶者ビザ等」への変更申請は「やむを得ない特別な事情」がなければ認められていません。


「やむを得ない特別な事情」とは、例えば、「病気になって入院した」「子供が生まれた」などの場合です。
この場合、申請が認められるためには、申請前に書類一式を準備し、入国管理局に事前相談をして認めてもらう必要があります。
もう一つの方法は、短期滞在90日で来日し、すぐに在留資格認定証明書交付申請を行い、90日の短期滞在中に認定証明書が交付された場合、認定証明書を添付して、在留資格変更許可申請をするという方法です。この方法をとれば、帰国せずに手続きを進めることができますが、この場合も、入国管理局での事前相談が必要になります。

 
無料相談受付中