国際結婚と在留資格の関係

国際結婚を手続き面から見ると、外国人配偶者の国別の「結婚手続き」と日本で滞在する資格である「在留資格」という2つの側面があります。

国際結婚の手続きで関係してくる役所は市区町村役場、法務局、大使館などですが、在留資格に関しては入国管理局です。

役所の管轄がそれぞれ違うために、有効に結婚手続きが成立したところで在留資格が認められるかどうかは全く別物であるというのが手続き面で複雑になっているところです。婚姻手続きが無事に終了したとしても、適法に「在留資格」を取得できなければ日本で一緒に住むことはできません。

国際結婚手続きにしても、外国人配偶者の国によって手続きが全く異なりますので、煩雑さがまします。

国際結婚した場合には、婚姻手続きが終了した後に、その配偶者が配偶者ビザという「在留資格」を取得する必要があります。

この配偶者ビザという「在留資格」は、入国管理局に申請して、許可されなければもらえません。

ビザの申請は入国管理局に申請しますが、役所に届け出る婚姻届とは違い、許可を得るためには、法務省のホームページにリストアップされている必要書類だけでは足りず、それぞれの個別事情に合わせた出会いから結婚に至るまでの経緯を詳細に説明し、それを裏付ける十分な資料と証拠を提出して、偽装結婚ではなく真実の結婚であることを審査官に納得してもらう必要がありますし、日本でこれからどのように生活していくのか、その裏付けとなる経済力があるのかについても説明していく必要もあるため、簡単に考えて申請すると不許可になる可能性が十分あります。

当事務所では何が必要でどうしたらよいのかについてのポイントを把握しておりますので、お客様一人一人に合わせたオーダーメイドのサポートを通して許可へと導くことが可能です。

 

無料相談受付中