国際結婚は難しい?

国際結婚の場合、外国人との結婚ですから、日本人同士の結婚とは全く異なります。

日本人同士の結婚ならば婚姻届を役所に提出するだけですが、外国人と日本人の国際結婚の場合は、日本で結婚手続きをして、さらに外国人の母国でも婚姻手続きをする必要があります。

日本でだけ婚姻手続きをしても、相手国では未婚のままになってしまいます。
さらに「日本人の配偶者等」の在留資格申請にあたっては、両国で婚姻済みであることが基本的要件です。

日本に二人で住んでいるなら、まず日本での婚姻手続きから始めるのが普通です。
ただし、その際には外国人の母国の証明書類が必要になってくるのが一般的です。


この取り寄せが煩雑だと感じられるかもしれません。

取り寄せる書類は各国別によって全く異なります。

一般的には相手国が発行した婚姻要件具備証明書、出生証明書などです。

基本的には外国人配偶者が独身であることの証明書になります。
そして外国語で書かれていますので日本語の翻訳文を付けて、翻訳者の署名もしなければなりません。

さらに相手国によっては大使館や外務省の認証印が必要になるケースもあります。

逆に、日本人側が日本に住んでいて、外国人側が外国に住んでいる場合は、日本人が外国に行って外国で先に婚姻手続きを行うことが多いようです。

入国管理局への配偶者ビザの申請は専門家である行政書士に依頼する方も多いですが、婚姻手続きに関してはご自身で行っている方の方が多いかと思います。

いずれにしても、婚姻手続きについては、外国人の出身国によって準備すべき書類がかなり違いますし、改正なども行われますので、婚姻手続きに当たっては、相手国の日本国大使館と市区町村役場に確認しながら手続きをすすめられるのがよろしいかと思います。

 

無料相談受付中